紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を説明

吉田洋子社長のプラセンタ100
美肌の秘訣記事

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

春になって温かくなってくると、外に出かけることが多くなると思いますが、女性にとって、気になるのはやはり紫外線ですよね。

美肌のためには、しっかりとした紫外線対策は重要です。

対策方法として、ポピュラーなのは、帽子や日傘、手袋などです。また、外に出かけなくても、日焼け止めを塗ることは欠かせません。

日焼け止めクリームにも色々なものがあり、様々な表示がしてあってどれが自分に会っているのか、どのように使い分けたらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

日焼け止めに使われている成分は、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤というものです。

紫外線吸収剤は、文字通り紫外線を吸収して熱エネルギーに変える働きのある成分です。主なものには、紫外線A波を吸収するメキゾリル、紫外線B波を吸収するオキシベンソンなどがあります。

これらは化合物なので、お肌が弱い人は、避けた方が良いかもしれません。人によっては肌に塗るとピリピリとした刺激を感じることがあります。
炎症を起こしてしまっているのに、気づかず使用していることもよくあるといわれています。紫外線から肌を守ってくれるものですが、用法・用量などを守って使用しないと、肌を痛めてしまうことがあります。
また、長時間の使用や連続使用することは、肌の基礎体力を損なってしまうので注意しましょう。

紫外線散乱剤は、紫外線をはねかえす働きのある成分です。

成分には、酸化チタンやカオリン、タルク、酸化亜鉛などがあります。
これらは肌に優しく、刺激の少ない成分で、SPF、PAが低い日焼け止めに多く使われています。
ちょっとした散歩や日常生活の中では、こちらの成分が配合されているものを選びましょう。「ノンケミカル」と表示されていますよ。



人気のコラーゲンゼリー

美肌のために30代からはじめるコラーゲンゼリー「うるおい宣言」