日焼け止めで紫外線対策をしよう2

日焼け止めで紫外線対策をしよう2を説明

吉田洋子社長のプラセンタ100
美肌の秘訣記事

日焼け止めで紫外線対策をしよう2

紫外線はお肌の大敵です。紫外線対策を考える時、欠かせないものに日焼け止め化粧品がありますよね。
日焼け止めもさまざまなタイプがあるので、自分に合ったものを、時と場所に応じて使い分けるようにすると効果的です。

日焼け止めのパッケージには、SPF値とPA値が表示されています。

SPF値は、波長の短い、肌をやけどさせる紫外線=UVBをどの程度カットできるかを表しています。
例えばSPF10と表示されているものは、何も塗らない状態では10分で日焼けするところを、10倍の100分かけて日焼けする、という意味です。
現在では、SPFの最高値は50です。

PA値は波長が長く、肌の奥まで侵入して、肌を黒くする紫外線=UVA波をどの程度カットできるかを表しています。

PAは+、++、+++の3段階で示していて、+では日焼けを起こすまでの時間を2〜4倍に、++は4〜8倍に、+++は8倍以上に伸ばすことを意味しています。

SPF、PA値は、ともに高くなるほど紫外線防止効果が高くなりますが、効果が高い日焼け止めほど紫外線吸収剤や散乱剤を多く含んでいるので、肌に負担がかかってしまいます。

ゴルフやスポーツなど、外で活動する時は、SPF値が30程度、PA値は++程度のものを選ぶとよいでしょう。日常生活や近所にお買い物程度の外出なら、SPF20以下でPA+程度で十分です。

紫外線防止効果を高めたいなら、SPFやPA値の高いクリームを選ぶより適度な数値のものをこまめに塗りなおすほうが効果があります。

最近ではファンデーションなどの化粧品にも紫外線防止効果をうたったものが多くあります。
SPF値の異なるものを重ねても、効果がSPF値の足し算になるわけではありません。高い方の値より、少しだけ効果が高まる程度だということです。

また、SPF値の異なるものを重ねる場合、値の高い方を先に塗った方が効果的です。
肌に対する負担が少なくて、効果的に紫外線を防止ができる方法を身につけておくことが美肌の秘訣です。



人気のコラーゲンゼリー

美肌のために30代からはじめるコラーゲンゼリー「うるおい宣言」