日焼け止めで紫外線対策をしよう1

日焼け止めで紫外線対策をしよう1を説明

吉田洋子社長のプラセンタ100
美肌の秘訣記事

日焼け止めで紫外線対策をしよう1

紫外線はお肌の大敵であるといっても過言ではありません。

紫外線は3月頃から徐々に増え始めます。
冬が終わったか終わらないか・・といった時期から、もう紫外線の攻撃は始まってしまいます。冬の乾燥時期に耐え疲れきってしまったたお肌が、紫外線のダメージを受けてしまわないように、迅速な対応を心がけることです。美肌を目指すためには、のんびりする時間はないのです。

紫外線は、天気の悪い日やお家の中でも、少なからずお肌に影響があります。
紫外線対策には、できるかぎり予防することが大切です。

日常生活において簡単な予防方法として、日焼け止めがあります。

日焼け止めを塗った後に、ファンデーションでカバーしておけばさらに効果が高くなります。

出かけない日は、面倒だから、メイクはしない・・・という人も多いかと思いますが、洗濯物を干したり、近所へのおかいものなど、日常のちょっとした時間に、気がつかないうちに紫外線にさらされてしまっています。面倒でもしっかり対策しておきましょう。

日焼け止めを塗る時は、ムラにならないよう塗ります。
日焼け止めを塗る前には、基礎化粧を使う段階からしっかり整えておきましょう。

日焼け止めは、白浮きして崩れやすいので、こまめに塗りなおすのが望ましいといえます。
日焼け止めを塗りなおすためには、クレンジングで一度日焼け止めを落とし、また基礎化粧から塗りなおすのが一番ですが、忙しい毎日の中では、無理があります。

お肌に皮脂が浮いてしまっている時は、塗り直す前に皮脂を取り除いておきましょう。
皮脂をそのままにしておくと、酸化して黒くなり、お肌のくすみの原因となります。

お肌が乾燥している時は、化粧水やミストでお肌に水分補給をしましょう。乾燥は崩れてしまう原因になります。

汗をかいたりしても、お化粧や日焼け止めが取れてしまいます。しっかり汗を拭いて、こまめに日焼け止めを塗って、化粧直しをしましょう。

毎日のそうした積み重ねが、紫外線対策として大切なのです。



人気のコラーゲンゼリー

美肌のために30代からはじめるコラーゲンゼリー「うるおい宣言」