お肌によいコラーゲン

お肌によいコラーゲンを説明

吉田洋子社長のプラセンタ100
美肌の秘訣記事

お肌によいコラーゲン

美肌になるためにはコラーゲンを摂るとよい、というのは女性なら誰でも知っているのではないでしょうか。

では、いったい「コラーゲン」って何なのでしょう?

コラーゲンは、私達の体の中に含まれているたんぱく質で、体内のたんぱく質量の中の約約20〜30%がコラーゲンです。
コラーゲンの半数近くが皮膚に、20%程度が骨や軟骨などになります。

コラーゲンは細胞の新陳代謝を良くする働きをしています。そのため、コラーゲンの働きを高めるということは、皮膚の活性化にもつながります。

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3つの層で構成されています。私達が普通皮膚として目にしているのは表皮の部分ですが、一番重要ななのは、その下の部分の真皮です。

真皮の70%はコラーゲンで保たれており、コラーゲンの働きが悪くなると変形を起こして、水分を保っている場所が狭くなってしまいます。そうなるとお肌の水分が減ってしまい、保湿効果が落ちます。その結果、乾燥肌になったり、様々な肌トラブルを引き起こしたりということが起こってしまいます。

コラーゲンは美肌にとって、とても重要な成分ですが、年を重ねるごとにバランスが崩れて、新しいコラーゲンが生成されにくくなります。
40歳になると、20歳の人の半分の量にまで減少するといわれています。

そして古いコラーゲンが多く体内に残ってしまいますが、古いコラーゲンは柔軟性もなく、保水力も十分ではありません。これがお肌の老化の原因のひとつといわれています。

コラーゲンの機能の低下は、皮膚だけでなく、血管や骨、目にも影響を及ぼします。

血管の弾力が失われて高血圧や動脈硬化を引き起こしたり、骨の組織がもろくなって、骨粗しょう症になったり、白内障の原因になったするといわれています。

お肌だけでなく、健康をのためにも、コラーゲンを摂ることは効果的です。



人気のコラーゲンゼリー

美肌のために30代からはじめるコラーゲンゼリー「うるおい宣言」