乾燥肌に良い成分

乾燥肌に良い成分を説明

吉田洋子社長のプラセンタ100
美肌の秘訣記事

乾燥肌に良い成分

冬になると、お肌の乾燥に悩まされている人は多いと思います。

食事や入浴法など、乾燥肌を改善する方法が色々とありますが、毎日のお肌のお手入れもとても大切です。

乾燥肌の人は、化粧水や乳液は保湿成分のあるものを選んで使うとよいでしょう。
では、具体的にはどのような成分が良いのでしょうか。

まず、代表的な保湿成分は、「ヒアルロン酸」です。

もうおなじみになっている成分だと思いますが、ヒアルロン酸は、1グラムで水6リットルの保水力があるといわれています。

ヒアルロン酸は、お肌のために取り上げられがちですが、皮膚だけでなく、関節や血管、眼にも含まれていて老化防止には大切な成分です。ですが、年を重ねるごとに減少いってしまうことがわかっています。

成人のヒアルロン酸は、赤ちゃんの20分の1程度といわれています。

毎日のスキンケアでヒアルロン酸を補うと、保湿力をアップさせ、お肌に張りと弾力を与えることができます。

もうひとつ、最近注目されている保湿成分に、「セラミド」があります。
肌の表面部分、角質層は角質細胞が重なってできていますが、その間にある脂質成分がセラミドです。

セラミドはお肌の水分を逃がさないように働いていて、セラミドがなくなるとお肌はひどい乾燥状態になってしまうことがわかっています。

このような状態では、いくら保湿力の高い化粧品を使っても、すぐに乾燥してしまいます。
セラミドにはいくつかの種類がありますが、美肌のために最適なものはビオセラミドです。ビオセラミド入りの製品でも、量が少ないと効果がありません。十分に含まれている製品を選ぶようにしましょう。



人気のコラーゲンゼリー

美肌のために30代からはじめるコラーゲンゼリー「うるおい宣言」