乾燥肌に良い食材

乾燥肌に良い食材を説明

吉田洋子社長のプラセンタ100
美肌の秘訣記事

乾燥肌に良い食材

乾燥肌の改善方法には、保湿成分を含んだ化粧品でのケアや、しっかりした睡眠をとることなど、色々なことがあります。
それと同時に食べ物にも気をつけてみると、さらに効果がアップしますよ。

乾燥肌の人にとって、ビタミンはとても大切な栄養成分です。
中でも、ビタミンA、B、Eは是非とも十分にとりたい栄養成分です。

ビタミンAは、お肌の潤いを保ち、新陳代謝を正常にします。ビタミンAを多く含む食材には、サバやいわしなどの青魚、緑黄色野菜やわかめなどがあります。

ビタミンBは新陳代謝の働きを活発にし、炎症を抑える働きがあります。ビタミンBを多く含む食材は、豚肉やレバー、卵、大豆などです。
中でも大豆は、ビタミンEと良質なたんぱく質を多く含んでいて美肌にはおすすめです。ビタミンBは水溶性ビタミンで加熱に弱いため生のまま食べられる納豆で摂るとよいでしょう。
さらに、納豆に含まれるポリグルタミン酸は、お肌を保湿する働きがあり、化粧品にも使用されているくらいです。まさに美肌のためには最適な食材であるといえます。

ビタミンEは、血液の循環をスムーズにして、お肌に潤いを与える働きがあります。
ビタミンEを多く含む食材は、ゴマやアーモンドなどのナッツ類があります。
ナッツ類はカロリーが高いので食べすぎには注意しましょう。

こうしたビタミンを多く含む食材を選んで食べることが、乾燥肌の改善につながります。ですが、偏った食事をせず、バランスよく食べることを基本にして考えてみましょう。

インスタント食品や、タバコは要注意です。特にタバコは、せっかく体内に取り込んだビタミンを破壊してしまいます。



人気のコラーゲンゼリー

美肌のために30代からはじめるコラーゲンゼリー「うるおい宣言」