乾燥肌の改善方法(入浴・洗顔)

乾燥肌の改善方法(入浴・洗顔)を説明

吉田洋子社長のプラセンタ100
美肌の秘訣記事

乾燥肌の改善方法(入浴・洗顔)

お肌の乾燥はなかなか手ごわいものです。シミやしわの原因にもなりかねませんし、ひどい場合はかゆみがある人もいると思います。
乾燥肌の改善方法を勉強して、乾燥しやすい冬でもつるつるした美肌を手に入れるよう努力しましょう。

保湿効果のあるスキンケア商品を使うことも効果がありますが、それ以外にも気をつけておくことはいくつかあります。

寒い冬は温かいお風呂に入りたくなる季節ですが、お風呂の入り方にも注意したほうがよさそうです。寒いからといって、熱いお風呂に入るのは禁物です。

お肌に必要な皮脂分まで落ちてしまいますので、必ず38〜40度のぬるま湯で、体の芯まで温めるために半身浴をしましょう。

また、保湿成分のある入浴剤も使ってみましょう。湯上り後のお肌の潤いが違ってくるので、お気に入りの入浴剤を根気よく見つけてみてくださいね。

体を洗う時は、刺激の少ないボディーソープを使うことはもちろんですが、洗うものにも気を使いましょう。ナイロン製などのタオルなどを使うのは、健康な肌の人にもオススメしません。汚れが落ちているって感じがするかもしれませんが、刺激が強く、乾燥の原因になってしまいます。コットンやシルク・麻などの自分に合ったものをさがしましょう。乾燥がとても気になる人は、石鹸をよく泡立てて、手で洗うのがよいでしょう。十分汚れは落とすことができます。

洗顔する時も同様です。
肌への刺激を少なくするために、洗顔料は手で泡立ててから、その泡で優しく洗いましょう。洗い流す時は、熱いお湯はさけてくださいね。ぬるめのお湯を使いましょう。顔を拭くときも、ゴシゴシとこすらず、押さえるように拭きましょう。

入浴後は、すばやくタオルで押さえるようにして水分をふきとりましょう。

入浴後にそのままお肌を放置しておくと、どんどん乾燥してしまいます。
お風呂から出たらすぐにくローションなどで保湿して乾燥を防ぎましょう。



人気のコラーゲンゼリー

美肌のために30代からはじめるコラーゲンゼリー「うるおい宣言」