正しいパックの方法(はがすタイプ・洗い流すタイプ)

正しいパックの方法(はがすタイプ・洗い流すタイプ)を説明

吉田洋子社長のプラセンタ100
美肌の秘訣記事

正しいパックの方法(はがすタイプ・洗い流すタイプ)

美肌になるために、化粧水や美容液を使った毎日のスキンケアにプラスして、定期的にパックもしてお肌をリフレッシュさせてあげましょう。こうした、ちょっとしたお家でのひと手間がお肌を変えていきます。

お家でできるパックは、いくつかの方法があります。大きく分けると、はがすタイプ、洗い流すタイプ、美容液・ローションタイプでしょうか。

はがすタイプは、肌に古い角質が蓄積し、肌に透明感がないと感じたときに使うと効果的です。お肌の表面の古い角質や汚れなどを取り去ります。
気になる目じりや口元の小じわにハリを与える効果があります。

完全に乾くまではパックの厚さにもよりますが、20分程度です。
手で触って確認してから、パックをおでこから下に向かってはがしていきます。

パックが残っているようだったら、無理にとろうとはせず、コットンに水や化粧水を含ませたもので拭き取るようにして取りましょう。

はがすタイプのパックは、そのほかに、うぶ毛や毛穴の汚れ、角栓もスッキリと取れるものもあります。

パックをはがす時に刺激を感じる場合があります。お肌が敏感な人は、避けた方がよいでしょう。
また、定期的に行う場合も、週に1度くらいにしておきましょう。

洗い流すタイプは、肌に透明感を出し、保湿効果が期待できます。
洗顔してお肌を清潔にしてから、目の周り、唇を避けて塗ります。塗る量は、それぞれ違いますので、よく確認したから塗り始めます。
指定された時間がきたら、ぬるま湯で優しく洗い流しましょう。
完全に乾く前に洗い流してしまわなければならないパックもあります。時間をオーバーしてしまうとせっかくの効果も、逆効果になってしまっては元も子もありません。
きちんと、決められた時間を守りましょう。

洗い流すタイプは正しく使えば、お肌に優しいパックです。週に1〜2回程度行うと効果的です。



人気のコラーゲンゼリー

美肌のために30代からはじめるコラーゲンゼリー「うるおい宣言」