スキンケアの効果的な順番

スキンケアの効果的な順番を説明

吉田洋子社長のプラセンタ100
美肌の秘訣記事

スキンケアの効果的な順番

スキンケア化粧品には、洗顔・化粧水・乳液・クリームなど、様々なものがあります。

みなさんが同じようなものを使っていると思いますが、こうしたスキンケア化粧品を上手に使って、日々のお手入れをワンランクアップさせ、美肌を手に入れましょう。

化粧品を一そろい買うと、使う順番を教えてくれます。一度聞いてわかったつもりでいても意外と自己流で行っているものです。
ましてや、いろいろなものを使っている人だと、意外とその順番をおろそかにしていることもあります。

スキンケアの順番を正しくしておかないと、肌荒れの原因にもなりかねません。正しいスキンケア方法をしっかりチェックしておきましょう。

初めに行うことは、洗顔です。
化粧をしている時は、クレンジング(メイク落とし)を使用して丁寧にしっかり落としましょう。ポイントメイクは先に専用のメイク落としできれいに落としておきます。

汚れが落ちたら、化粧水をつけましょう。

洗顔の後、できるだけ早く化粧水をつけてください。
化粧水はお肌の水分補給としての大切な役割を果たしています。そのため、たっぷりおしみなくつけるようにするのが重要です。

水分補給が終わったら、保湿効果のある美容液をつけます。
化粧水で補給した水分をお肌から逃がさないように必要に応じて使います。

乾燥が気になる場合は、ここで乳液をつけます。
水分を与えた肌のうるおいが逃げないように油分でふたをします。

乳液は絶対に必要というわけではありません。
若い人や、脂性肌の人は、乳液の油分で逆にお肌のトラブルになってしまうことがあるので気をつけましょう。
乾燥肌の人も、乳液は乾燥しやすい場所に、ポイントで使用する方が良いでしょう。

最後はクリームを必要に応じて使います。
乳液と同じように、油分の補給です。
乾燥肌の人や、中高年以上の人は乾燥している部分を中心にしっかりとつけておきましょう。



人気のコラーゲンゼリー

美肌のために30代からはじめるコラーゲンゼリー「うるおい宣言」