美肌になるための化粧水のつけ方

美肌になるための化粧水のつけ方を説明

吉田洋子社長のプラセンタ100
美肌の秘訣記事

美肌になるための化粧水のつけ方

美肌を手にいれるためには、毎日の小さな努力の積み重ねが大事です。

ほとんどの人は、洗顔後に最初に化粧水を肌につけるでしょう。

化粧水はお肌のみずみずしさを保つためにもとても重要なものです。
さて、その化粧水ですが、みなさんはなんとなくお肌になじませて終わっているのではないでしょうか。毎日のことですので、効果的な化粧水のつけ方の方法を考えてみましょう。

まず、洗顔後は化粧水をつけるまでの時間をあまり空けないように心がけましょう。

入浴後はすぐに動きたくなかったり、小さな子供の面倒などで自分の事を第一にできない・・という人もいらっしゃるかと思いますが、化粧水だけは、なるべく早めにお肌につけることをお勧めします。

洗顔後、化粧水の肌への浸透率はどんどん落ちてきます。なので、化粧水はできるだけ早めにつけるようにしましょう。特に冬場など、乾燥しやすい時期は気をつけましょう。

化粧水はつける量もポイントとなります。

もったいないからといって量を少なくすると、お肌に十分に行き渡らず、化粧水の効果が発揮されないおそれがあります。多いかな?と思うくらい、たっぷりつけてちょうどよいのです。

目安としては、化粧水をつけた後に手を顔にくっつけてみて、手がお肌に吸い付く程度です。

化粧水の大きな役割は水分補給ですが、中には毛穴を引き締める効果がある化粧水もあります。

たいていの化粧水には、少なからず毛穴を引き締める「収れん作用」の成分が含まれています。
収れん作用を効果的にするために、化粧水をつける時に軽くパッティングしてみましょう。パッティングをすると、お肌を冷やす「クーリング効果」も加わり、ほてりが抑えられて毛穴も閉まります。

ただ、パチパチとお肌を叩きすぎてお肌に刺激を与えすぎてもよくありません。できるだけ優しく、お肌を押さえるような感じでパッティングするようにします。

顔のパッティングが終わったら、首や手、頭皮にもつけると効果的です。

細かな部分までへのお手入れが、若々しさを保つ秘訣です。



人気のコラーゲンゼリー

美肌のために30代からはじめるコラーゲンゼリー「うるおい宣言」