美肌と睡眠の関係

美肌と睡眠の関係を説明

吉田洋子社長のプラセンタ100
美肌の秘訣記事

美肌と睡眠の関係

どんな女性でも、美肌になりたいというのは、切に願っていることですよね。

美肌をになるための方法を考える時にまず浮かぶのは、エステに通ったり、高価な化粧品を試しててみたり・・ということを思い浮かべる人も多いと思いますが、まず大事なのはは、日常生活を見直すことです。早速今日から始めてみましょう。

睡眠不足が続くと、目の下にクマができたり、にきびや吹き出物ができ、肌荒れしたりしてしまいまうということは、誰しも経験あることかと思いますが、実は美肌と睡眠はとても関係があります。

睡眠不足は、お肌にとって大切なターンオーバーの乱れや、ホルモンバランスに乱れを引き起こします。

ターンオーバーとは、皮膚の生まれ変わりのことです。

私達の皮膚は、通常28日程度でひとつひとつの細胞が生まれ変わっていきます。

午後10時から午前2時の間の時間に、最もターンオーバーが活発になるといわれています。この時間帯にターンオーバーを妨げるような行為をしていると、お肌の老化を早めてしまいます。

この時間帯にメイクを落とさず化粧をしたままのお肌でいることや、タバコを吸ったり飲酒をしていると、体内のビタミンが破壊され、水分が吸収失われたりしてしまい、正常なターンオーバーが行われません。
そうすると、ニキビや吹き出物などの肌荒れが起こってしまいます。

睡眠不足は、ホルモンバランスの乱れが起こり、美容の面だけではなく、健康面にも影響が出てしまいます。

私達の健康を守っている成長ホルモンの分泌は、睡眠している時に行われています。
また、睡眠不足で、体がしっかり休むことができないと、体に流れているリンパ液の流れも悪くなり、疲れがたまりやすくなってしまいます。そのため、睡眠不足は肩こりや腰痛の原因にもなります。

最近では、子供の睡眠時間も短くなってきていると言われています。

子供の場合は、睡眠不足により、成長ホルモンの分泌が乱れてしまい、健やかな成長が損なわれてしまうこともあります。
子供の成長、病気のない体作りの為にも、睡眠はとても大切です。

睡眠時間を多く取ればよいというわけではありませんが、毎日の起床と就寝の時間をほぼ同じにして規則正しい生活を送り、睡眠時間は1日7時間程度はとれると良いでしょう。
美肌を保つためには、規則正しい生活が一番なのです。



人気のコラーゲンゼリー

美肌のために30代からはじめるコラーゲンゼリー「うるおい宣言」